インドで女性の髪が切られる事件が多発? 悪魔や魔女の仕業、ではなく集団パニックか

印刷

   インドの複数の州で、髪を伸ばしている女性が束ねた髪を切られるという事件が多発していると、BBCやAFPなど海外メディアが報じている。

   被害を訴える女性はインド北部のハリヤーナー州やラージャスターン州など複数の州にまたがり、特に農村地帯であるウッタル・プラデーシュ州からの報告が多いという。何らかの猟奇事件かと考えてしまうが、ほとんどのメディアは「集団ヒステリーだ」と冷ややかに指摘している。

  • 髪切り犯は悪魔でも魔女でもなく、パニックか(画像はイメージ)
    髪切り犯は悪魔でも魔女でもなく、パニックか(画像はイメージ)

人のように動く黒ネコが犯人?

   2017年8月4日付のBBCによると、「ファントム・バーバー」と呼ばれる一連の髪切断事件は7月末から確認されている。髪を切られたと訴える女性の年齢や居住地はさまざまで、特に共通点などはない。

   犯行状況については「寝ている間に髪を切られていた」と訴え出る女性が多いが、犯人像は見知らぬ高齢者に切られたというものから、人のように動き回る黒ネコに切られたという意味不明な証言まであり、超自然的な存在、つまり悪魔や幽霊、魔女によって切断されたと信じている女性もいるようだ。

   パニックは各地に広まっており、独公共放送「ドイチェ・ヴェレ」は8月4日付の記事で、被害報告の多いウッタル・プラデーシュ州では65歳の女性が「髪を切って魔術を行っている魔女だ」とされ、多数の市民に暴行を受けて死亡したと伝えている。しかし、女性の死亡後もファントム・バーバーの報告は後を絶たないという。

   インドの英字新聞「hindustan fimes」の取材に対し、ウッタル・プラデーシュ州の地元警察は「毎日幽霊や悪魔に髪を切られたという電話があり、仕事にならない」とコメント。さらに、次のように答えている。

「当初は本当に犯罪かと考えていたが、今のところ確認されているのは子どもが悪戯で母親の髪を切っていた例だけだ。犯人の姿を見ているのは被害者だけで、そもそも女性が本当に髪を切られているのかすらわからない」

   犯行現場で犯人の手掛かりが見つかることもなく、これまでに犯人とされるような人物が逮捕されてもいない。警察は女性たちの自作自演か近親者の悪質な悪戯だと考えているようだ。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中