グーグル「医療・健康」の検索結果を変更 インチキ記事載せるサイト一掃なるか

印刷

   グーグルが医療や健康関連の検索結果に変更を加えた。「例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります」とある。

   医学的な根拠が不明だったり、他所から盗用したりした記事を大量に掲載していた情報サイト「WELQ」と、当時の運用元だったディー・エヌ・エー(DeNA)が厳しく批判されてからおよそ1年。今回の改善で、「ニセ情報」がどこまで排除されるだろうか。

  • 1年前、「WELQ」などキュレーションサイト問題で開かれたDeNAの謝罪会見(2016年12月7日撮影)
    1年前、「WELQ」などキュレーションサイト問題で開かれたDeNAの謝罪会見(2016年12月7日撮影)

「およそ60%に影響します」

   グーグルは2017年12月6日、ウェブマスター向け公式ブログで、今回の変更は「医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもの」で、「医療・健康に関連する検索のおよそ60%に影響します」と説明している。かなり大きな改変といえよう。

   ここで「WELQ問題」を少し振り返ろう。WELQではSEO(検索エンジン最適化)の手法を用いて、検索結果が上位に来ることをねらうあまりに特定のキーワードを盛り込むことが重視された半面、医師の監修を経ず内容の正確性が疑わしい記事が大量生産された。その結果、グーグルであるワードを入力して検索すると、「トンデモ医療記事」が続々と表示されるようになったのだ。

   2016年10月23日、SEO専門家の辻正浩氏はツイッターで、WELQの記事についてこう指摘した。

「[死にたい]検索1位のDeNAのWelq。色々ダメな所だけどこれは最悪だ」

   検索窓に「死にたい」と入力すると、WELQの記事が真っ先に表示されるという「仕掛け」だった。さらに記事内容は、根拠薄弱。心から悩んでいる人が記事をクリックしたら、何を思うか――。このツイートが、その後の問題解明の端緒となったと言える。

   今回のグーグルの発表に当たり、辻氏もツイートを連投し、自身で分析もしている。12月6日付投稿のひとつは、「ある程度見られましたが、これはかなり望ましい動きなんじゃないでしょうか。大規模な動きなので完璧ではないでしょうが、対象検索語句の判定も、下げるサイトの判定もかなりうまく出来ているように思います」と書かれていた。問題のあるサイトの表示が完全になくなったわけではないとしつつも、同日の別のツイートで「私としては今回の調整は激しすぎるもののそれが日本のウェブには必要だったと思うので称賛されるべき状況と思います」と評価した。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中