2019年 11月 20日 (水)

「職場の挨拶」どこまでやるとウザイですか?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

    この春に入社した新入社員も半年がたち、だいぶ仕事に慣れてきたころ。でも、まだまだ悩みは多いようです。たとえば、ある新人女性社員は「職場での挨拶」について悩んでいます。日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」にこんな質問を投げかけました。

職場で挨拶されるのは、どのくらいからうざったいですか?

積極的に挨拶していたら「うざい」と言われた

   彼女(aiko_freshさん)は職場の先輩たちと良好な関係を築くために、できるだけ挨拶するように心がけていました。

「通り道の席にいる人に『おはようございます』『お疲れ様でした』昼食をご一緒している先輩方に『こんにちは』『お先に失礼します』の挨拶を毎日しています。・・・課長(作業日報提出ついで)、同じ課で近くの席の先輩、課や部が違っても帰り道で席の横を通る人に声をかけています」

   できるだけ多くの人に積極的に挨拶をしていたわけです。ところが、別の課の先輩に、

「昼食に混ざる時に挨拶しなくていいし、全体的に挨拶が過剰」

と言われてしまったのです。さらに、

「帰るときの『お疲れ様でした』も人によってはうざいだろう」

という指摘も受けました。こんな言葉を突きつけられたら、どんな新人だってヘコみます。自信をなくした彼女はネットのQ&Aサイトで、次のような相談をしてみることにしたのです。

「職場での挨拶はどの程度からうざったく感じますか? 特に帰り際の『お疲れ様です』についてどうでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中