2019年 11月 19日 (火)

「安定」か「自由」か? 会社員に向くかどうかの分かれ道

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   サラリーマンに向くか、向かないか。それを考えるキーワードの1つに「安定志向」がある。会社や仕事に対して何を求めるか、そこをちょっと考えてみよう。

やっぱり、みんな「安定志向」?

   会社では年々、非正社員の数が増え、数字の上では雇用者全体の3割を超えている。しかし、派遣や契約で働き続けることにはデメリットも多いため、正社員を希望する人が以前よりも増えているようだ。

   「転職するとしたら、どの雇用形態で働きたいですか?」。エンジャパンの転職サイト「[en]転職コンサルタント」が登録会員に対してこのようなアンケートを実施したところ、男性の9割、女性でも8割の人が「正社員」と回答した。一方、独立して自営やSOHOで仕事をしたいという人は、男女ともに3%にすぎなかった。

   「正社員」と答えた人の理由を見ると、

「継続することにより保証がついてくるから」
「安定した仕事、長期的に関われる仕事を持ちたい」
「正社員以外は、経営が悪化するとすぐに解雇されるため」

   など、安定性を正社員の魅力としてあげている人が多い。それは裏を返すと、非正社員への不安の表れといえるだろう。

   就職活動中の大学生や第2新卒を対象にした別の調査を見ても、「大手企業で定年まで働きたい」という安定志向にシフトしている。収入や生活の安定を第一に求めることは、当然のことなのかもしれない。

   安定志向は、決して悪いことではない。自己保存本能が正常に働いているという証かも知れない。収入の安定を確保してこそ仕事に集中できる、というのももっともなことだ。扶養家族を抱えていたら、なおさらのことだと思う。

塚田祐子(つかだ・ゆうこ)
Creative Work Station代表。サラリーマンに向かず、26歳で「OLやめます!宣言」をする。その後、教育業界を経て、31歳で独立。20年を超える自営経験を通して学び取ったノウハウを体系化し、現在、All About[フリーランス]のガイドとして、フリーや個人で独立・起業を目指す人たちへ、熱い応援エールをおくっている。著書に「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする〈独立成功〉完全マニュアル」「フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」塚田 祐子

おすすめ平均
stars起業
stars読んでおきゃ、よかった!
starsガツン!と愛情のつまった1冊
stars独立したい人やしたばかりの人に必ず読んで欲しい本です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中