2020年 12月 1日 (火)

「人を笑顔にさせる」フィギュア型名刺(レゴ)

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   カラフルなブロック玩具で有名なデンマークのおもちゃメーカー「レゴ」。その社員の独創的な「名刺」がネットで話題になっている。よくある紙のカードではなく、レゴらしいフィギュアの形をした名刺なのだ。

>>おもしろ名刺ウォッチ・記事一覧

ネットで世界に広がった「今までで一番クールな名刺」

レゴの名刺を見た人からは「ほしい!」「レゴ社員になりたい」といった声が多数あがった
レゴの名刺を見た人からは「ほしい!」「レゴ社員になりたい!」といった声が多数あがった

   このユニークな「名刺」をブログで紹介したのは、デンマークの経営コンサルタント、アレクサンダー・ケルフ(Alexander Kjerulf)さん。彼はレゴの広報部長を務めるシャルロッテ・シモンセン(Charlotte Simonsen)さんから、女の子の形をした小さなフィギュアをもらった。驚いたことに、その胴体の正面にはレゴのマークと彼女の名前がプリントされ、背中には電話番号とメールアドレスが刻印されていた。

   このフィギュア型名刺は、持ち主の性別や髪型、メガネの有無などにあわせてカスタマイズすることができる。ただ、高価なため、全社員に配られているわけではなく、一部の幹部社員と広報担当者だけが持っているのだという。

「素晴らしい! 自社ブランドを生かして、名刺をもらった人を幸せな気分にしてくれる」

   そう思ったアレクサンダーさんは2009年2月23日、「Coolest business card ever(今までで一番クールな名刺)」と題した記事を英語で書き、写真と一緒にブログに掲載した。この記事は瞬く間に世界中の多数のブログで紹介され、アメリカの人気ブックマークサイトDiggでは1400件以上のブックマークがついた。日本でもWIRED VISIONIDEA*IDEAなどの情報サイトで取り上げられ、反響が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中