2019年 12月 7日 (土)

社会人8年で会社5つ目。転職の数では負けません

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「腰かけ気分」のまま過ごした4年半

   何でもいいから働こうと、適当に見つけた旅行会社でアルバイトを始めました。生来の真面目さでもって黙々と旅行を受注すること6カ月。正社員になる話が持ち上がるまでの社会復帰を遂げました。しかしよくよく考えて、旅行は一生の仕事ではないだろうと、ありがたい話をお断りしてしまいます。

   かといって一生の仕事など定まっているはずもなく、とりえあずありがちな「自分探しの旅」に出ようとニューヨークへ。そこで見つけ出した結論は恥ずかしながら、やっぱり映画が好き、というものでした。

   現場仕事は無理でも、書いたりする周辺仕事ならできるんじゃないの?とおこがましくも思った私は帰国後、映画雑誌の編集部にアルバイトとして潜り込むことに成功します。1年後には契約社員に登用され、それから3年半。一見腰を落ち着けて働いていたかのような年数ですが、その実は辞めたい、辞めたい、と思いながらの4年半でした。

   「辞めたい理由なんていくらでもある。続ける理由がなくなった時が、辞める時だ」。当時の私の格言です。結局、映画が好きじゃなくなったことが契機となって、3度目の退社をすることになりました。

鈴木松子
都内の某私立大学を卒業後、20代の7年間に、芸能プロダクション→旅行会社→映画 雑誌編集部→新聞系制作会社と転職を繰り返し、今また新しい会社で働き始めたアラ サー女。せめてコラムの連載中は、同じ会社に勤め続けられるといいのだが・・・
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
シュガー社員が会社を溶かすシュガー社員が会社を溶かす
田北百樹子

ブックマン社 2007-10-24
売り上げランキング : 48851
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中