2019年 11月 18日 (月)

長野県庁「お酌禁止令」ってどう思う? ネットユーザーに聞く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   長野県庁で職員に対して呼びかけられた「お酌禁止令」。若手や女性職員からは歓迎の声が上がっているという。この現象をネットユーザーはどう見ているのか問いかけたところ、「職場のコミュニケーション」に絡めた賛否両論の意見が寄せられた。

お酌から解放された若手や女性からは「好評」との声

「最近はお酌を嫌う若者も多い」という発言がきっかけ
「最近はお酌を嫌う若者も多い」という発言がきっかけ

   「お酌禁止令」は、長野県副知事の板倉敏和氏の発案。2009年6月6日付のasahi.comで「長野県職員の宴会『お酌禁止令』 副知事が音頭、大歓迎」と報じられた。きっかけは、県内の日本酒の蔵元の若い経営者から「最近はお酌を嫌う若者も多い」と聞いた副知事が、年度替わりの幹部送迎会で「(長野県職員は、酒宴では)手酌で自分のペースで飲みましょう」と呼びかけたことだという。

   この呼びかけを厳格に適用すると、長野県職員は職場の懇親会などで、他の人のコップや杯にお酒を注ぐことはできなくなるが、この「お酌禁止令」、若手や女性からは「気を使わなくて済む」「自分のペースで飲める」と好評なのだという。

   この禁止令に異論を述べたのが、『サンデー毎日』09年7月12日号に掲載された岩見隆夫氏のコラム。朝日新聞の報道を踏まえ、「長野の『お酌禁止令』、おかしい」と題して、

日本人が長年、慣習として繰り返してきたことを、若者への甘い態度だけで軽々に禁止しないほうがいい。私なんか、夜ごと、だれかにお酌している。お酌してもらってもいる。生活の一部なのだ。何ごとによらず、禁止はよくない。

と疑問を呈している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
釈お酌
釈お酌釈由美子 釈由美子 タコースティック・チカ・バンド

プライエイド 2002-10-23
売り上げランキング : 222876

おすすめ平均 star
starリストライヌネコ
starファン以外の方にも。
star釈お酌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中