2019年 12月 15日 (日)

内向的で打たれ弱い人間に「芸能プロ」は無理だった

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   人が大勢集まる場では心の「石ころ帽子」(かぶると人に気にされなくなるドラえもんの道具)をかぶってしまうような内向的でインドア派の私が、ちょっとしたボタンの掛け違いでうっかり内定してしまった芸能プロダクション。そこでは、「帽子」を力ずくではぎとられるような日々が待っていました。

>>シュガーな女の転職日記・記事一覧

苦痛で仕方なかった「大きな声で先輩に挨拶」

「現場では優しく教えてる余裕なんてない。怒鳴り声は当たり前」
「自分からアピールして顔を覚えてもらわないと何も始まらない」
「飲み会も仕事のうち」

   内定者の集いに総務の人が連れてきた先輩社員たちの話からは、私の出来ないことばかりを要求する仕事内容がうかがえて、実は入社前から既に「辞めたい」という気持ちは顔を出していました。それでも、せっかく受かったのだから挑戦する前に逃げるべきではないという生来の真面目さと、採用したからには私の中に何らかの向いている要素を会社側が認めてくれたのだろうというシュガーな期待によって、なんとか気持ちを奮い立たせて4月を迎えたのでした。

   研修初日、総務から課せられたのは「出社してくる先輩社員一人一人に自己紹介をして回る」というタスクです。社会人として当然の行為なのでしょうが、"人に声をかけられない病"の私には、これがまず、岩のように重くのしかかりました。誰か来る度に心臓が縮みあがり、気付かなかったことにしたい衝動に駆られたものです。

   大きな声で挨拶をすることもまた、おそらく普通の人が千人の観衆の前で演説をするのと同じくらいの緊張を強いる行為です。決死の覚悟で「おはようございます…」となんとか絞り出しては「声が小さい!」とやり直しを命じられ、半ベソで挨拶し続けたことを思い出します。

   希望通り映画制作部門に配属されてからは、海外スタッフのアテンドなんて仕事もありました。確かに履歴書上、英語ができる感じにはなっていますが、それはあくまで読み書きの話です。声をかけられない、挨拶ができない私に、「Hi!」なんて大きな声じゃなきゃ成り立たない言葉(実際相当頑張らないと「はい」という返事に聞こえます)を口にしながら、握手したりハグしたりなんて到底ムリな相談です。会社のえらい人たちが次々ともてなしにやってくる合間に声をかけ、次の場所に連れて行く…。スケジュールを書いたカンペを渡すから勝手に動いてよ、と泣き叫びたくなる2日間でした。

鈴木松子
都内の某私立大学を卒業後、20代の7年間に、芸能プロダクション→旅行会社→映画 雑誌編集部→新聞系制作会社と転職を繰り返し、今また新しい会社で働き始めたアラ サー女。せめてコラムの連載中は、同じ会社に勤め続けられるといいのだが・・・
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中