2019年 11月 21日 (木)

<ビジネス敬語8>上司から打診された急な残業を断るときには?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   就職氷河期の一方で、会社で働く社員には大きな負担が掛かっているようです。先行きが見えない中で、仕事の増減を残業時間で調整することが多いのでしょう。ただ終業後には、時には大事なプライベートの用事が入ることもあります。

>>上司も知らない「ビジネス敬語」の使い方・記事一覧

相手の都合を確認して代替案を出す

   ある日、鈴木さんの旧友から、出張で会社の近くに来ていると連絡がありました。久しぶりの再会を楽しみに、終業後に飲みに行く約束をしました。しかし、そんなときに限って上司から「ちょっと君、頼みたいことがあるんだけど・・・」と残業の打診が。旧友との約束は、めったにないこと。どのようにして自分の都合を切り出せばよいのでしょうか?

A.すみませんが、今日は用事がありまして。他の人ではダメでしょうか?
B.お力になれず恐縮ですが、本日は先約が入っており、お受けするのが難しいです。
C.申し訳ございません。こちらは何時までに仕上げればよろしいでしょうか?

   分かりましたか? 答えはCです。原則としてプライベートの用事よりも仕事を優先するのが、社会人の基本ルールです。どうしてもという場合には、仕事の期日を確認してから対応を。ともあれ、このようなやりとりができるようになるためには、普段から人間関係を円滑にしておくことが前提となります。


ポイント1:「ポジティブ変換法」の法則

   自分の事情を説明する前に、Cのように相手の都合を確認し、代替案を出して前向きな姿勢を示すと好感度が上がります。「できません」というネガティブな情報を伝える前に、その仕事のタイムリミットを確認しましょう。

   もしも翌日の朝までで大丈夫ならば、「どうしても行かなければならないところがありまして、明日の朝までに対応させていただくということでいかがでしょうか」と尋ねて、前向きな姿勢を見せます。仕事以外の先約があることをアピールする必要はありません。

   それでも「どうしても今日中にやってもらいたい」と言われたら、嫌がらせのような理不尽な指示でない限りは、プライベートは別の日にしてもらうべきと私は思います。

ポイント2:「お詫び」の法則

   断りの打診をする前に、申し訳ない気持ちをアピールしましょう。上司からの打診を即座に拒否するのは、社会人としては配慮に欠けます。AやBのように「すみませんが」「恐縮ですが」と反語を使うよりも、申し訳ないというお詫びの気持ちを伝えましょう。場合によっては、上司も事情があるのかと察知してくれるかもしれません。

西出ひろ子(にしで・ひろこ)
マナーコミュニケーションコンサルタント。英国法人WitH Ltd.役員および同社日本支社代表。株式会社ウイズ代表取締役。国会議員秘書、英国留学などを経て、独自のマナースタイルを確立。09年12月よりauとSoftBankでケータイ公式サイト「携帯ビジネスマナー」を、10年2月よりNTTドコモでビジネスマナー連続ドラマ「アベクン」をスタート。『完全ビジネスマナー』(河出書房新社)など著書多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
おすすめ平均
stars小規模事業所経営者も必読
stars常に上の視点を持つ
stars根本的なところで疑問が
stars部下を持とうとされている方、お持ちの方に是非
stars体験が伝わる良書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中