2019年 12月 8日 (日)

「お局さん」が新人いじめ? 退職者続出

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

臨床心理士 尾崎健一の視点
相手の成長のために「叱責」が必要な時も

   最近は「何を言ってもパワハラと取られかねない」と及び腰になっている上司や先輩が増えていますが、昔は厳しいことを言う「嫌われ役」が職場にいて、仕事上の「しつけ」をきちんとしていたものです。守らなければならない基本ができている人は、将来も自分の力で成長していくことができます。上司はAさんが、言うべきことを言い、時には叱責することがあっても、長期的な視点で会社のためになる指導をしているのかどうか見極める必要があるでしょう。

   なお、指導の効果を上げるためには、相手に合わせた指導が必要です。人間尊重を基本に置き、相手がどんな言い方でやる気を起こし、傷つくのか。仕事の基本は大事ですが、昔のように一方的な「新人には生意気な口応えは許さない」という指導では、もう誰もついてこないですし、それをもって「ゆとりは甘い」と言っても意味はありません。変化の時代を切り開いていく有能な人材は離れていくことでしょう。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

(本コラムについて)
臨床心理士の尾崎健一と、社会保険労務士の野崎大輔が、企業の人事部門の方々からよく受ける相談内容について、専門的見地を踏まえて回答を検討します。なお、毎回の相談事例は、特定の相談そのままの内容ではありませんので、ご了承ください。

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられないMarie‐France Hirigoyen

紀伊國屋書店 1999-12
売り上げランキング : 7793

おすすめ平均 star
star自己愛的な人間
starまずは自分を取り戻す為に
star被害経験者には是非読んでほしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中