2019年 11月 14日 (木)

職場の女性をホメたつもりが怒られた

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   女性はホメられるのが大好きだから、どんどんホメるべきだと言われます。ただ、ホメどころを間違うと思わぬ形で逆上され、二度と口を聞いてくれなくなることもあるようです。怒らせずにホメるには、どんなポイントがあるのでしょうか。

女性の怒り買いやすいひと言

感謝の表し方ひとつにも気を使う
感謝の表し方ひとつにも気を使う

   ゲンダイネットには、「きょうのお茶、おいしいねえ」と言ってしまったがために、職場の女性から総スカンを食った40代男性のエピソードが掲載されています。

   要するに「いつものお茶は、まずいってことかい!」ということ。男性からすれば、完全に言いがかりです。

   怒りを買うのは、言った男性だけではありません。ネット掲示板には、上司にお茶の入れ方をホメられた女性が、先輩社員たちから、

「私たちのお茶はまずいみたいだから、ずーっとあなたがやれば?」

といびられたというグチが。どうやらモノゴトを限定的にいうと、女性たちの怒りを買いやすいようです。

   この場合には「きょうのお茶“も”おいしいねえ」というべきであって、お茶以外でも「その髪形、似合うね」ではなく「その髪形“も”似合うね」と言わなければなりません。

   さらに安全策をとるためには、入れてもらったお茶の味にコメントせず、いらぬ波風が立てないよう「おいしいね」ではなく「ありがとう」というにとどめるのが無難なようです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中