2019年 11月 15日 (金)

あえて東京電力「社員」の経営責任を問う

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京電力の賠償問題がクローズアップされる中、公的資金の投入は避けられない情勢となりつつある。世論の圧力を受ける形で、労使は従業員の賃下げの協議に入ったという。

   一方で、株主でも何でもない平社員の責任を問うのは誤りだとする同情論も根強い。そもそも東電の従業員は、経営陣と一緒に「賃下げ」という形での経営責任を負うべきなのだろうか。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

「身分」の中で生きるなら、義務も負え

   ごく常識的な判断を言うなら、明らかに従業員の責任は問われるべきではない。彼らは使用者に雇われた労働者にすぎず、責任は経営者と株主が中心となって負うべきだからだ。

   ただし、日本の大手企業の場合は事情が異なる。社長以下、取締役会のほぼ全員が従業員の中から内部昇格し、「正社員」というだけで終身雇用という根拠のない特権を保証され、敵対的買収に対しては「会社は私たち従業員のもの」と言ってのける日本の労組は事実上、会社と一体化した存在である。

   彼らの存在を上手く表現する言葉としては、以前述べたとおり「封建制度における身分制度」がもっとも近い。そこで、以下のように考えてみて欲しい。

   もし、「東電藩」という譜代の大藩が不祥事を起こし、領地に大きな被害が出て、庶民の年貢で救済されねばならなくなった時。「私たち藩士も被害者です」と言われたら、庶民は何と言うだろうか。「城を枕に討死しろ」というのが正直なところだろう。

   ステークホルダーとは、保護されるだけではなく、義務も負う存在であるべきだ。お金を出す側の国民が納得する水準まで処遇を見直した上で、再建に向けて骨身を惜しまず働くべきだろう。それが「東電という身分の中で生きる」ことの意味だ。

   もっとも、これがメーカーのような普通の日本企業なら、ピンチになれば放っておいても自分たちで賃下げするし、場合によってはリストラもする。労組も立場上「従業員に経営責任を転嫁するな」と言いつつも、最後はリストラをきっちり受け入れる。彼ら自身、労使は同じ船の乗員であって、沈んだら困ることくらい先刻承知だからだ。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
週刊 東洋経済 2011年 4/23号 「東京電力 迷走する巨大企業の正体」
週刊 東洋経済 2011年 4/23号 「東京電力 迷走する巨大企業の正体」
  • 発売元: 東洋経済新報社
  • 価格: ¥ 690
  • 発売日: 2011/04/18
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中