2019年 12月 12日 (木)

うつ病の休職明け 転職は諦めたほうがいいのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「けっしてあせらず、あわてず徐々に前向きに」

   同じくうつ病経験者のmeg68kさんも、明かさなくてもいいという意見です。「私も最初はオープンにすべきだと思っていましたが、今はクローズ(秘密)を徹底しています」。もしかすると、明かしたことで偏見を持たれるなど嫌な思いをしたのかもしれません。

   とはいえ、エントリーシートには健康状態を書く欄がありますし、1年以上も休職していれば、職歴の欄に何も書かないわけにはいかないでしょう。

   kurenaiyさんは、よほど特殊技能を持っていなければ、就職氷河期の中で正社員として採用されるのは難しいという現実を説明します。そのうえ病気が完治していない状態では、採用担当が不安を抱いてもおかしくありません。

   しかし、望みを捨てる必要もありません。hiroki1212さんの奥さんは、解離性障害という病気にかかり4か月の入院を余儀なくされましたが、いまでは午前中はパートに出られるまで回復したそうです。

「けっしてあせらず、あわてず徐々に前向きに進んでいただきたい。現在の状態を理解してもらい、自信をもって進めば必ず明るい扉が開くと思います」

   もしも正社員を目指すなら、病状を隠してごまかすのではなく、「いまはすっかり完治しています」と自信を持って言えるよう治療することが先決なのかもしれません。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中