2019年 11月 21日 (木)

オフィスのおやつは「かき氷」? 普及するか「アイスbiz」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本アイスクリーム協会は2011年7月1日より、暑いオフィスでアイスを食べてリフレッシュする「アイスbiz(ビズ)」のキャンペーンを実施する。

   同協会は環境省が推進する「スーパークールビズ」に賛同。ノーネクタイ奨励や勤務時間のシフトなどにあわせ、「体内から冷やす食べ物の摂取」の効果を訴える。

大阪のIT会社「部長のおごりで1日1個」

眠気が覚める効果はあるかも
眠気が覚める効果はあるかも

   大阪のあるIT会社では、ウェブ制作部門のメンバー10人分の「氷(アイス)代」を、6月25日から8月末まで部長のポケットマネーで賄うことにした。

   部の冷蔵庫には、アイスクリームやアイスキャンディ、かき氷を常備。1日1個100円として、2か月で約5万円の出費。決して小さい負担ではないが、部長は冷たい飲み物をガブガブ飲むよりも体調維持によいと判断した。

「業績が上向かず給料は上げられないが、この秋までに大きな仕事を仕上げなければならない。ささやかなサポートではあるが、これでやる気を出してもらえれば」

   部下からは、「眠気が襲うおやつ時に食べると目が覚めて気分転換になる」「昼下がりにわざわざコンビニまで買いに行かずに済む」と評判は上々だという。

   ビジネスパーソン300人を対象とした日本アイスクリーム協会の調査でも、オフィスでアイスを食べたくなるのは「午後3時のおやつ時」が最多で67%。仕事中にアイスを差し入れてくれる上司は「気が利く」「やさしい」「部下思いのいい上司」と高評価だ。

仕事の合間にアイス、どう思う?
よくやっている
自分もやりたい
仕事中はダメでしょ
アイスは食べない
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中