2019年 11月 19日 (火)

ソーシャルメディアで「おいしい仕事」なんてやってこない 
中川淳一郎×常見陽平対談(中)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ツイッターが○○を変える」「フェイスブックがあれば××はいらない」――。そんなスローガンが掲げられ、退屈な日常に飽き足らない人たちが、何かないかと寄り集まってくる。2011年のネット界隈は、そんな熱気が感じられた。

   しかし、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏と、人材コンサルタントの常見陽平氏は、その浮ついた雰囲気に疑問を投げかける。「ソーシャルメディア幻想」はまもなく消え去り、「やっぱりリアル最強」が見直されるというのだ。

そろそろ「いいね!」を押し合うのが面倒になる

常見陽平氏(人材コンサルタント)
常見陽平氏(人材コンサルタント)

中川 就活にソーシャルメディアを使う「ソー活」って、今どんな感じなの?

常見 だいぶ話題にはなるけど、企業はまだまだ様子見というのが現実だよ。情報発信はしているけど、細かい交流までしているわけでもないし。フェイスブックを使う人が珍しかったころは、優秀な理系の学生を捕まえるにはいい手段だった。でも、いまではソーシャル使ってるからどうということもないし、以前から取り組んできたウェブ系企業も「最近はソーシャル経由の学生も無難になってきましたね」と言っていた。学生にとっては情報収集・交換の便利なツールになりうるけど、ちょっと煽りすぎな感じもするね。

中川 どっちにしろ、フェイスブックなんて誰でも使える素晴らしいインターフェイスを持ったツールなんだし、「ソー活」にいちいちコンサルティングをかませることないよな。

常見 企業の担当者は、何かあったときに責任を負いきれないから外注する面もある。でもこういうのは、自分たちなりの使い方を考えて、マジで学生と向き合わないと意味がない。それをどれだけの企業ができるのか。ソー活もそうだけど、2012年は「ソーシャルメディアの幻想」から覚める年になる気がする。ありもしない「希望」にすがってみたけれど、ウソに気づいてガッカリする人が増えるんじゃないかな。

中川 リアルな日常に飽き足らない人が、「いいね!」ボタンで自分を承認してくれるバーチャルな場に希望を見出したって、本当の希望にはならないって。

常見 有名人とつながって「友達」の数を増やした先で、自分も何者かになれるんじゃないか、と思わせるところが罪なんだ。それじゃ「社畜」ならぬ「ソー畜」だよ。そろそろ面倒になっている人もいるんじゃない? 田端信太郎さんが、バレンタインデーの義理チョコならぬ「義理いいね!」(ギリーネ)という言葉を思いついたらしいけど(笑)。

中川 人生で大事な人間なんて、せいぜい30人くらいだって。それなのに、フェイスブックで「友達」数千人とかおかしいよな。そういう人に出版社が「本を出しませんか」とか、ベンチャーが「ソーシャル担当やりませんか」とか言って近づいてくるけど、それって「友達」を購買者リストとして見ているだけだから。

常見 当初は組織に縛られない自由な働き方というポジティブな意味があった「フリーター」という言葉の価値が暴落し、ネガティブワードになってしまったようなことが「ソーシャル」でも起こりそうだね。ライフスタイル提案といっしょで、売る側がお金を使わせようとする魂胆なんだから、やすやすと巻き込まれたらダメだよ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
中川淳一郎:ウェブで儲ける人と損する人の法則
中川淳一郎:ウェブで儲ける人と損する人の法則
  • 発売元: ベストセラーズ
  • 価格: ¥ 750
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中