2020年 10月 22日 (木)

「お前の会社に爆弾を送った…」 コールセンターへの不思議な「贈り物」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   督促の仕事を始めたばかりの新人の頃、いつものようにかかってきた電話を取ると、相手は名前も名乗らずこう言い放ちました。

「お前の会社に爆弾を送った…」

   (ばっ、爆弾!? ええと…、ここに? あと、なんで? 理由は!?) 脳内で色々なツッコミの言葉が飛び交いましたが、どう反応してよいのかわからず、とっさに出てきた言葉が、

「かっ…、かしこまりました!」

   了解してどうするんだ!と、今でも思い出すと赤面してしまう出来事です。

爆破予告の対応にはもう慣れた

うわー、立派なキャベツ!これ、みんなで分けていいのかな…(イラスト:N本)
うわー、立派なキャベツ!これ、みんなで分けていいのかな…(イラスト:N本)

   コールセンターでは、お客さまからこういったお申し出(?)をいただくのは珍しいことではありません。今でもたまに爆破予告を受けますが、最近ではなんとか人並みに、

「お客さま、なにかお気に触る事がありましたか?ぜひご意見をお聞かせ下さい」

と対応できるようになってきました。爆破予告をするお客さまというのは、コールセンターや会社の対応に不満のあるお客さまなのです。

   幸い、私は実際に爆弾や凶器の類を送られて受け取る――といった場に居合わせた経験はありませんが、コールセンターにはたまに不思議な贈り物が送られてくることがあるのです。

   「先輩、なんですかこれ?」。ある日会社に行くと、隣の机の上に大きな段ボール箱が乗っていました。

「ああそれ、お客さまから送られてきたんだよ」

   ふたを開けてみると、そこにあったのは、みずみずしくて大きなキャベツ。段ボールに大量に詰め込まれた上には、一通の手紙が添えられていました。

「○○県に住んでいる、会員番号×××の××と申します。この度はお支払いが遅れて申し訳ございません、お金がなくお支払いが出来ないので、代金の代わりにうちで取れた野菜をお送りさせていただきます――」

   要約をすると手紙はこんな内容でした。支払いを延滞している農家のお客さまが、野菜を直接送ってきて下さったのです。

   「えっ…どうするんですかコレ?」。スーパーで売っていたキャベツの値段を思い出すと、結構な金額になるはず。みんなで分けて食べるのかしら、と思いましたが、先輩は困った顔で答えました。

「もちろん受け取れないから、送り返すしかないわね」
債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中