2020年 11月 26日 (木)

トヨタ・ハチロクの「ソーシャルすぎる」ウェブサイトに未来の予感

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   最近ニュースを知るきっかけが、フェイスブックで友達が「いいね!」していたから、という人が増えているのではないだろうか。Googleの検索順位よりも、自分の友人が評価しシェアした情報の方が重要で接触機会も多いというわけだ。

   そんな「いいね!」を、企業のウェブサイトに大胆に取り込んだ例がある。2011年の東京モーターショーでプロトタイプが公開され話題となった「TOYOTA 86」(ハチロク)の公式サイトだ。

訪問者の「いいね!」をトップページに表示

訪問者にどの車種が人気か一目で分かるハチロクのサイト
訪問者にどの車種が人気か一目で分かるハチロクのサイト

   ハチロクサイトのトップページには、他の自動車メーカーのサイトと同じように、さまざまな車種の美しい写真が飾られている。他社サイトと異なるのは、その写真の隅に数字が表示されているところだ。

   これは訪問者から寄せられた「いいね!」の数である。フェイスブックにログインした状態でサイトを訪れると、「いいね!」やコメントを好きなだけサイトに残すことができるのだ。何に「いいね!」を押したかは、フェイスブックの友達にも知らせることができる。

   現時点での一番人気は、上質感のある白が人気のサテンホワイトパール〈37J〉で、1300近い「いいね!」がついている。最もグレードの高いGT"Limited"や、ライトニングレッド〈C7P〉、クリスタルブラックシリカ〈D4S〉なども、評価数で上位となっている。

   各画像にマウスのカーソルを合わせると、口語的なテキストが浮かび上がる。これは車種のページに訪問者が投稿したフェイスブックのコメントだ。「かっこいいなー!」「素敵な色ですね?!」といった賞賛だけでなく、

「メタリックやっぱり入れてほしい」
「AE111型Levinの(…)白の復活を望みます」

など、思い入れたっぷりの注文もある。

   これまでの企業のウェブサイトといえば、企業側が発信したい情報しか掲載されておらず、訪問者として白けるものも少なくなかった気がする。

   ハチロクのサイトは、これとは逆の発想で、「利用者の声」を前面にしているところに新しさがある。現時点ではダントツで「ソーシャルすぎる」日本企業のウェブサイトと言ってよいだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中