2020年 1月 26日 (日)

ナイキのサイトが「変顔」だらけのワケ 顔認識技術を広告表現に活かす

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「顔認識技術」をご存知だろうか? 目、鼻、口など顔のパーツの位置や大きさ、形などの特徴を解析する技術だ。

   身近なところではフェイスブックでも使われており、写真をアップロードすると、被写体が誰なのか自動的に候補が表示されるようになっている。この技術を高度に活用し、表情認識技術と組み合わせたナイキのキャンペーンサイト「FREE FACE」がウェブ上で話題になった。

顔の表情を変えると、リアルタイムで靴がゆがむ

顔認識技術で商品の柔軟性をアピール
顔認識技術で商品の柔軟性をアピール

   ナイキのスポーツシューズ「NIKE FREE」は、ソールに深い溝を入れシューズに柔軟性をもたせ、裸足感覚で履けるのが特徴だ。ウェブサイト『FREE FACE』は、この商品を広告宣伝するためのキャンペーンサイトである。

   商品の柔軟性をユーザーに伝えるべく、パソコンのウェブカメラに向かって顔の表情を歪ませると、表示された靴が連動して歪む仕組みになっている。

   指定された枠に自分の顔を写すと、目・鼻・口・輪郭などのパーツが認識される。表情を縦方向に動かすと、眉毛からあごにかけての変化に応じて商品の写真も曲がる。横方向に動かすと、口元の非対称度合いに応じて商品もゆがむ。

   商品の形は表情に応じてリアルタイムで変化し、顔・表情認識技術の精緻さに驚かされる。さらにユーザーの衣服や背景色を認識し、商品の色もカスタマイズされるようになっている。

   ユーザーの顔とNIKE FREEが対になった画像は、サイトにアップロードすることができる。サイトでは5月末まで毎週コンテストが実施されており、最も票数の多かったユーザーにギフトカードがプレゼントされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中