2019年 11月 14日 (木)

「会社に来るのが早すぎる!」 総務に叱られてしまった…

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のyingtao7さんが勤める会社は、始業時間が午前8時50分。しかし、その時間に出社を合わせると、あの大嫌いな通勤ラッシュに当たってしまいます。

   そこで自主的に早出をして、朝の混雑を回避することにしています。午前6時半すぎにはオフィスに入り、自分の席で新聞を読んだり本を読んだり、睡眠をとったり。時には少し仕事をすることもあります。

タイムカードの書き換えも「偽造申告」と指摘され

オフィスに早出したっていいじゃないか!
オフィスに早出したっていいじゃないか!

   そんなある日、会社の総務部門から、思いもよらない注意を受けてしまいました。

「会社に来るのが早すぎる。会社の設備の盗用になりかねない」

   しかし質問者さんは、いまひとつ腑に落ちません。出社してから8時ころまでは、仕事をしていない限りパソコンをつけておらず、ネットも使っていません。自分の席の最小限の電気をつけ、夏と冬だけ必要個所のエアコンをつけていますが、これを「盗用」と言うのでしょうか?

   また、朝は原則仕事をしないため、タイムカードの打刻時間を月末に6時半から8時半へ書き換えていますが、これも「偽造申告」に当たると指摘されました。しかし、本当に総務が言っていることは妥当なのでしょうか…。

   回答者のblue5586pさんの会社でも、3年ほど前から「始業時刻の1時間前より早い時刻に出勤してはいけない」というルールが決まりました。理由は、セキュリティ上の問題。誰もいないオフィスでの情報漏えいなどを恐れているようです。

「決められた時間に出勤するように改めるべきです。私も通勤ラッシュを避けるために早めに出勤していますが、始業時間の1時間前より早く出勤した場合、駅のロータリーなどで待機して時間つぶしをしています」

   しかし、セキュリティが大事なら、残業だって問題になるはず。それに、駅のロータリーで時間をつぶすのは、いかにも無駄な時間の使い方という気がします。会社のルール遵守は大切ですが、ちょっと切ないですね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中