2019年 11月 20日 (水)

フェイスブックの「個人情報」を使ったキャンペーンのしくみ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アパレルブランド「バナナ・リパブリック」は、フェイスブックの顔アイコンを使った着せ替えができるキャンペーン「FASHION TAGGING」を実施している。

   20種類のコーディネートから、フェイスブック上の友達に似合う服装を選び、顔の部分を差し替えてその友達に通知する。受け取った友達は「この人は自分をこう見ているのか」「意外にこういうファッションもいいかも」という発見をするかもしれない。

人間関係上の情報を第三者が利用する「Graph API」

フェイスブックの顔写真を置き換えるバナナ・リパブリックの「FASHION TAGGING」
フェイスブックの顔写真を置き換えるバナナ・リパブリックの「FASHION TAGGING」

   フェイスブックの顔写真を使ったキャンペーンは、最近よく見られるようになった。前回紹介したキットカット「オトナの甘えカタログ」もそのひとつだ。これを実現しているのが「Graph API」という仕様である。

   Graph APIを簡単に説明すると、フェイスブックの人間関係上にある情報を、第三者が使えるようにするしくみである。キャンペーンアプリの提供者はユーザーの許可のもと、ユーザー本人や友達の情報にアクセスし、さまざまな形に利用できる。

   このようなしくみがないと、イラストや写真の顔の部分を、友達の顔写真に差し替えるようなことができない。SNSだからこそ実現した、画期的なしくみといえるだろう。

   友達の顔写真を使い、友達のタイムラインに投稿するのだから、その友達が気付かないわけはない。通知力は非常に強いものになる。関係性の強い人に限って使った方がよいかもしれないが、友達同士ならかなり楽しめる。

   Graph APIが提供するのは顔写真だけでなく、友達の投稿内容も使えるようになっている。これをユニークな形で利用しているのが、サントリーの「ソーシャルシェイカー」だ。

   アプリにログインし、友達と、彼や彼女に似合いそうなカクテルを選ぶ。そしてスマートフォンをバーテンダーのようにシェイクすると、オリジナルの名前のついたカクテルができるというものだ。できあがったカクテルは、友達のタイムラインに投稿できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中