2020年 10月 29日 (木)

プール付きマンション、ボーナス12か月! ジャカルタの「優雅で過酷な生活」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   先日、NHKのニュースウォッチ9で、私が添乗員を務めた「ジャカルタ就職・視察ツアー」の模様が放送されました。タイトルは「増える世界就職 羽ばたく若者たち」でした。

   いまジャカルタでは、私の本の読者やセミナー参加者が、すでに10人以上働き始めています。今回のツアーでは、彼らと日本からの参加者が仕事や生活について直接話す機会を設け、番組でも少し取り上げられていました。

物価は日本の3分の1以下、手取りはあまり変わらない

建設中のタワーマンションとショッピングモール。いまジャカルタは建設ラッシュだ
建設中のタワーマンションとショッピングモール。いまジャカルタは建設ラッシュだ

   ジャカルタでは現在、多くの求人があり、日系企業向け営業や、現地人スタッフの管理業務、購買・調達業務、プロジェクトマネジメントなど様々な職種で日本人が求められています。

   業種も製造業、商社、IT業界を中心に多岐に渡り、20代前半の若手から40代のマネージャ層まで、エンジニアであれば60代で就職を決めた人もいらっしゃいます。

   給与面では、20代前半の若手で1700~2000USドル(14~16万円)程度。会社から運転手つきの車が提供されるのが普通なので、交通費はほぼゼロです。インドネシアの慣習により、所得税などは全て会社負担。そのまま手取りになるので、日本の正社員の初任給と大差がありません。

   彼らは主に「コス」と呼ばれるワンルームのサービスアパートメントに住んでいます。外国人向けに作られたお洒落で綺麗なアパートで、光熱費、インターネット接続、フィットネスジム、メイドさんによる掃除、洗濯など全て含めて、月4~5万円程度で住めてしまいます。

   携帯電話料金は月1000~2000円程度で、毎月の固定費は5万円以下。手取りから固定費を引いた可処分所得は10万円前後になります。現地の物価は日本の3分の1~4分の1程度(ランチ1食300円程度)なので、かなりリッチな生活をすることができます。

   毎月5万円以上は軽く蓄えられるので、帰国にかかる費用も全く問題ありません。会社によっては年に1~2回の日本の渡航費を出してくれるところもあります。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中