2019年 8月 26日 (月)

途上国で売れるモノを探せ! 「アンコールクッキー」と「音量最大化ボタン」の共通点

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   新興国の低所得者層の家庭には、一家に一台テレビがありません。壁のない店に集まって、みんなでテレビを見ています。このテレビには先進国に住んでいる私たちが思いもよらない機能がついていて、ユーザーに喜ばれています。

   さて、ここでクエスチョン。その「テレビの新機能」とは、一体どのようなものでしょうか? 答えは「音量最大化ボタン」ですが、その理由は後ほど説明しましょう。

カンボジアの日本人観光客には「個別包装」が人気

店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる
店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる

   途上国で事業を行っている人たちが、その国を単なる「工場」とみなしているケースは、日本の一部の大手メーカーを除けばごく少数です。多くの企業は、現地にいる外国人や現地人向けのビジネスを考え、実践しています。

   私がカンボジアのアンコールワットで訪れたお店「アンコールクッキー」は、『地球の歩き方』にも載っている日本人観光客相手のお店でした。中に入ってみると、そのキレイさに驚きます。まあ、東京のお店から見たら平均点レベルかもしれませんが、カンボジアでは抜群に整っています。

   ここのメイン商品は、アンコールワットの形をしたクッキーです。お値段は10枚6ドル(約500円)。日本のお土産物相場だと普通ですが、アンコールワット内のレストランでもチャーハン1杯1~2ドルのカンボジア価格から考えると法外です。

   日本から来た観光客は、次々とこのクッキーを買っていきます。私の前に並んでいた人は100ドル以上買っていました。なぜなら、カンボジアには日本人の感覚で「おみやげ」になる商品がほとんどないからです。

   日本人はお休みをもらって海外にいったら、職場の同僚にお土産を配らなければなりません。望ましいのは日持ちして、個別包装されていて、ちょっとした、それでいてちゃんとしたお菓子です。

   しかし、カンボジアには個別包装されたお菓子がほとんどないのです。こんな商品を思いつくのは日本人くらいでしょう。日本人である故に、日本人が欲しがるものを誰よりもわかるからこそ作れる商品。これも、ひとつの方法です。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中