2019年 11月 22日 (金)

「うちの社員は積極性がない!」 その原因は社長じゃないですか?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   7年前に亡き創業者からバトンを引き継いだ、ある中小企業メーカーの二代目社長から、こんなグチを耳にしました。

「うちの社員には、『ヨソを出しぬいてやろう』といった積極性のあるヤツがいなくて困ってるんだよ。今みたいな不景気が続くと、こいつらで本当に会社が持つのかなって不安になるんだよね」

   社員30人ほどの会社ですが、確かに営業部門にも開発部門にも、力強いというか図々しいタイプの男子社員が見当たらないのです。

研修で身につけさせて、と頼まれたものの

「統制」と「積極性」には相反する要素がある
「統制」と「積極性」には相反する要素がある
「なんとか社員に積極性を身につけさせる研修をやってくれないかな」

   そんな依頼を受けはしたものの、研修だけで効果が出るものだろうか…。そう感じた私は、前社長時代を知っていそうな総務のベテラン女性社員に話しかけてみました。「この会社はおとなしい男性が多いけど、昔からこんな感じなんですか?」

   彼女から返ってきたのは予想どおり「いいえ、違いましたよ」という答え。

「先代の頃は、もっと社内がガヤガヤしていました。イケイケドンドンの社員や、やることはやるけど文句も多くて手に負えないタイプもいましたね」

   たまたま通りかかった定年間近のベテラン男性社員も、話の輪に入ってきました。「今の社長はお坊ちゃんだからさ。社員の補充をするたびに、おとなしいのばかり採用している気がするな」

   そこで私は社長の了解をもらい、ここ5年間の中途採用面接の資料を見せてもらいました。こういう資料をちゃんと保管しているところが、いかにも堅実な日本のメーカーです。

   重点的にチェックしたのは、不採用者の綴り。書類に残されたコメントを見てみると「なるほど」と思える明らかな特徴がありました。

<応募者A>
部長コメント:我は強そうだが、積極性あり。前向き。採用したい。
社長コメント:良く言えば前向き。悪く言うと強気。調和を乱す恐れあり。不採用。
<応募者B>
部長コメント:過去の実績に自信をもっており、即戦力として期待大。採用したい。
社長コメント:実力はありそうだが自信家で、暴走の不安あり。不採用。
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中