2019年 11月 16日 (土)

若手労働者で進行する「お水化」現象 古い経営者には理解できない

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「このところ社内が浮き足立っていて、困っているんだよ」

   そうこぼすのは、交通インフラ機器の設計会社のA社長。従業員は20数名。ここ数年、外資系企業の市場参入で業界内の人材の引き抜き合戦が加熱。最近では中小企業にまでその波が押し寄せているのだとか。

   行く先々で「どこの誰が引き抜かれた」という噂を耳にするものだから、技術者も営業もスキあらば少しでも好条件の求人に応募しようと虎視眈々なのだそうです。

転職志向に「青い鳥は自社の中にいる」と不満顔

よりよい条件を求めて転々と。義理やしがらみより報酬が大事
よりよい条件を求めて転々と。義理やしがらみより報酬が大事

   しかしA社長は、このような状況に不満です。

「外資は見かけの給与は高いかもしれないけど、完全実績主義だろ。使えなければポイの使い捨てだよ。それに比べてうちみたいな老舗企業は、退職金制度だってあるし福利厚生もしっかりしている。待遇だって決して悪くない。官公庁向けの仕事も多く、経営もそこそこ安定しているしね」

   A社長は「チルチルミチルが探していた『青い鳥』は、結局自分の家にいた」という例をあげて、リスクを犯して転職をするメリットがどこにあるのか疑問だというわけです。

   その時は「なるほど」と聞いていたのですが、数日後、転職斡旋会社のB社長とランチミーティングをして、根本的な考えの修正を迫られてしまいました。

   私が「景気の先行きもまだまだ不透明だし、転職希望者は減っているんじゃないですか?」と尋ねると、彼は「いやいや、そうとも限らないね」と答えます。

「景気が悪くなると動かないのは、30代半ば以降の役付き。それより下は好景気の経験がないから、少しでも居心地の悪さを感じると景気と関係なく動くんですよ。買い手市場なこともあって、外資は『安くて活きのいい人材が取れるチャンス』と思っています」

   しかし成果主義の外資で低賃金なら、仕事がキツくなるばかりで動くメリットも薄いのではと疑問を投げかけると、B社長は「若い人たちはハナから会社組織に厚遇や退職金なんて期待していない」と言います。

「彼らが期待しているのは、キャリアアップです。ノウハウの吸収と人脈の構築を、いろいろな現場で積み上げていこうとしているのです。最近では最年少上場企業社長の誕生とかもあって、先々独立したいと思う若者は我々の時代とは比較にならないぐらい増えてます」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中