2019年 11月 20日 (水)

剰余金はボーナスで分配? いや「社員旅行」に使う手もあるぞ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   関東地方でアミューズメント系レストランやおもしろ雑貨店などを運営する会社に、経理部長として出向した元銀行員のSさん。一介の商店主だった先代を継ぎ、大きく飛躍させた二代目社長の興味深いエピソードを聞かせてくれました。

   昨年度の決算を前に、部長たちを集めた会議で社長からこんな提案があったそうです。

「今年は皆さんのがんばりもあって、大きく利益が出る見通しになった。これは社員の皆さんに還元した方がよいかと思っている」

部長たちの反対に「君たちのためにやるんじゃない!」

社長だけは「一石三鳥」をねらっていた
社長だけは「一石三鳥」をねらっていた

   「やった、期末賞与支給か!」。部長たちの表情が緩んだ瞬間、社長はこう続けました。

「ついては、会社の創業20周年も兼ねて、社員旅行で皆を海外に連れて行ってはどうかと思っている。具体的には、3泊4日でフィリピン・ツアーを考えているのだが」

   会議室は一瞬静まり返ります。しばらく間があった後、飲食店舗を統括する部長が沈黙を破って遠慮がちに口を開きました。

「社長、お心遣いありがとうございます。個人的な考えで恐縮ですが、旅行よりも賞与という形で支給をした方が皆が喜ぶのではないかと思うのですが」

   人事部長も続きます。「うちは若い社員も多いですし、海外旅行よりおカネで支給した方が数段ヤル気によい影響を与えるでしょうね」。

   決算剰余金について相談を受けていたSさんも、両部長と同じ考えでした。周りの10名弱の部長たちも、「いいぞ、いいぞ!」と内心手を叩いているように見えました。

   すると次の瞬間、社長がそう来るのは分かっていたと言わんばかりに、トーンを上げて言い放ったそうです。

「バカもの! この旅行は社員のためにやるのであって、部長たちのためにやるんじゃない。僕が何を考えているのか、よく考えてみろ! 会議は終わりだ!」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中