2019年 12月 14日 (土)

「人生の選択肢は多ければ多いほど幸せ」とは言えない難しさ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「必ず後悔する」ことを受け入れて時代を楽しむ

   選択肢が多いことの弱点は、選択した後、必ず後悔することです。世の中にはパーフェクトに全て成功することはほぼなく、何をやっても辛い事や悲しいことがあります。そういうモノに直面した時、「ああ…やらなきゃよかった…」と思うことは多いでしょう。

   私は「日本で働くか、海外で働くか迷っています」と言われた時には、必ずこう答えます。

「どうせどっちを選んでも、多かれ少なかれ後悔するので自分で選んでください。自分で選んだのなら、後悔しても自分で困難に立ち向かっていけますから」

   日本みたいな豊かな国に生まれてしまったら、選択肢が多いことはもう避けられません。だったら徹底的にいろんな選択肢を吟味し、自分で選んで後悔しまくり、それを乗り越えて行くしかないんだと思います。

   選択肢が多いことのいいところは、自分で選択したことでいい目にあったら、この上なく気持ちいいことです。選択肢のせいで幸福度の平均値は下がっているかもしれませんが、自らの力でものすごく素敵な人生にできるかもしれない。やっかいな時代と国に生まれたのは仕方がないので、その時代をいかに楽しむか考えた方が得策ではないでしょうか。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中