2019年 11月 21日 (木)

始業前の「ラジオ体操」 「朝型生活への転換」に効果あり?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ニコニコ動画などを運営するドワンゴが、この9月から毎朝オフィスでラジオ体操を始めるという。朝10時30分の開始時間に参加するモチベーションを上げるため、ジャージ姿の「女子マネージャー」も一緒に参加する。

   参加者は、通常数百円で販売されている弁当の「少しグレードアップ」したものを無料でもらえる。月間皆勤賞も検討されているようだ。

昼間の「覚醒」が高まれば夜は自然と眠くなる

「職場のラジオ体操」の光景は復活するのか?
「職場のラジオ体操」の光景は復活するのか?

   朝体操をすることに、どんな意味があるのか――。ドワンゴでは「明確な出社時間が決まっていないエンジニアにラジオ体操に参加してもらい、朝型の健康的な生活を支援すること」をねらっているようだ。

   エンジニアの多くは、他人から干渉されない夜の時間に集中して仕事をすることを望んでいるといわれている。果たして「朝型」への転換を促すこのような施策がよい効果を表すかどうか注目したい。

   「朝体操」の効果について、NPO法人全国ラジオ体操連盟がウェブサイトで解説している。ひとつは覚醒効果だ。朝起きてじっとしたままの状態で過ごすと、「覚醒するまで3時間前後かかる」。かといって起き抜けにいきなり激しい運動をしては体に負担がかかる。一番適しているのが、軽い体操だという。

   始業前のラジオ体操は、仕事に取り組む準備としてちょうどいいというわけだ。5分程度で頭をスッキリさせられるのなら、確かに悪くない方法だ。日中の覚醒度合いが高まれば、夜は自然と眠くなり、朝型への転換も期待できる。

   しかし、現在ラジオ体操を行う職場は少数派だ。製造業や地方公共団体など規律を重んじる職場が代表的だが、職場によっては「午後3時に音楽は流れるけど、やってるのはオジサンだけ」(ある税務署職員)という状況もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中