2019年 12月 8日 (日)

スピーキング「世界最低点」から始める英会話 「10個の自分ネタ」を武器にする法

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ネット上の英語に関する記事を読んでいると「英語は通じさえすればいい」という意見を見かけます。もちろん、海外旅行に行ってレストランで食事してお土産を買って…ぐらいであれば、数字と身ぶり手ぶりプラスアルファでも何とかなるでしょう。しかし、ビジネスではどうでしょうか?

   恐らく、日本人が一番不得意に感じるのはスピーキングでしょう。昨今大学受験や公務員試験への導入検討でTOEFLが注目されているのは、リーディング、リスニングに加え、スピーキング、ライティングが評価されるから。TOEFLは120点満点で、4セクションそれぞれ30点満点となっています。

スピーキング、驚愕の世界最下位

漫然と話すよりも「ネタ帳」づくりを!
漫然と話すよりも「ネタ帳」づくりを!

   そんなTOEFLの2012年の公表データが衝撃的です。基本的には留学を志す人が受験している、さらに受験料が2万円前後ということを考えると、それほど準備していない人が受けるとは思えないのですが、日本人のスピーキングの平均点は17点で約160か国中、堂々の世界最下位(同点でベナン)!

   「主流はアジア英語になるので下手でも構わない」という意見もありますが、世界で一番英語で話すのが苦手な人たちが、海外に出て円滑にビジネスができるでしょうか?ここでは私が体験した、そしてMBA留学中の友人たちと話して感じた「上達法」を伝授します。英会話をやっているのに上達しない、そんな方はトライしてみては?

   私も日本にいるときにSkype英会話レッスンを行っていましたが、週に数十分~数時間、漫然と話しているだけではそう簡単には上手くならないというのが実感です。そこで、一度「お笑い芸人」になったつもりで自分の「ネタ帳」を作ってみましょう。ひとつのネタにつき100ワードから200ワード(英語では文字数ではなく単語数で文章の長さを測ります。Wordで自動的に計算してくれます)、つまり1分~2分のネタを書いてみましょう。

室 健(むろ・たけし)
1978年生まれ。東京大学工学部建築学科卒、同大学院修了。2003年博報堂入社。プランナーとして自動車、電機、ヘルスケア業界のPR、マーケティング、ブランディングの戦略立案を行う。現在は「日本企業のグローバル・マーケティングの変革」「日本のクリエイティビティの世界展開」をテーマに米ミシガン大学MBAプログラムに社費留学中(2014年5月卒業予定)。主な実績としてカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルPR部門シルバー、日本広告業協会懸賞論文入選など。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中