2019年 9月 18日 (水)

どうなる「残業代ゼロ」 反対派VS賛成派の論点

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「残業代ゼロ」のキーワードが、ツイッターなどで高い関心を集めている。政府の産業競争力会議での議論をめぐる一部報道を受けたものだ。

   「ブラック(企業)を助長する政策が出てきちゃった!」などと懸念する声が相次いだり、「生産性があがっていいんじゃないの?」と歓迎コメントが寄せられたりしている。もっとも、報道を疑問視する声もある。

ブラック企業を助長?生産性があがる?

   関心が高まったきっかけは、「『残業代ゼロ』一般社員も~」「『残業代ゼロ』厚労省懸念 政権、前のめり~」などと報じた朝日新聞記事(2014年4月22、23日配信)で、安倍晋三首相も出席した、22日の会議をめぐる内容だ。「『残業代ゼロ』一般社員も~」の記事は、配信後数日で7400回以上ツイートされるなど注目を集めた。

   ツイッターでは、

「安倍政権の労働法制大改悪は『生涯ハケン』『正社員ゼロ』『残業代ゼロ』…。死ぬほど安く働かせようという意図が見え見え。こんな社会に未来なし!」
「ブラックを駆逐するどころか、ブラックを助長する政策が出てきちゃった!」
「『残業代ゼロ』以外の(働き過ぎ防止策などの)要素はすぐに形骸化するだろうよ」

などと労働者の立場を心配する声が数多く寄せられている。

   なかには、

「生産性があがっていいんじゃないの?サラリーマンの中には残業代を稼ぐために日中の業務で手を抜く人もいますからね」
「一般論として『労働時間の長さで賃金を決める制度』が、ホワイトカラーの働き方にはなじまない」

といった擁護論も見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中