2019年 10月 20日 (日)

「ブラック」と呼ばれるかどうかは社長次第 厳しい業界内でもこんなに違う

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先日、知り合いのご紹介で老人施設を運営する新進気鋭R社のO社長とお近づきになる機会を得ました。話をするうちに、たまたま共通の知り合いがいたことが分かり、思いがけず話が弾みました。

   O社長は、業界準大手S社のナンバー2としてカリスマトップと共に長年組織を牽引してきましたが、人を巡る管理方針の食い違いから4年前に袂を分かって独立しR社を設立。現在6か所の施設を運営。運営スタイルが固まったことから、この先3年で約40施設にまで増やす計画でいると、事業の見通しを熱く語ってくれました。

使い捨て労務管理に強い不満

社員、一人ひとりが「花開く」には…
社員、一人ひとりが「花開く」には…

   何よりも驚いたのは、会社の規模や歴史に比べた社長ご自身の人脈の豊富さです。先の共通の知り合いも上場企業のトップなのですが、同社の顧問やアドバイザーには地元だけにとどまらない政財界の重鎮がズラリと名を連ねており、社長の人望の厚さをうかがわせるに十分でした。

   私の関心事は、そんなO社長がS社と袂を分かった具体的な理由とそれを受けて設立したR社のS社との管理方針の違いです。これまでも、老人施設の運営企業を複数見聞きする中では、この業界はとかく現場を疲弊させる利益追求型の経営者が多く、就労環境はおしなべて厳しいのです。S社もまたそのような評判を耳にしていましたからその実態はだいたい想像がついているのですが、そこをどう変えようと取り組んできたのか興味津々です。

「一言で言って、組織が大きくなるにつれてひどくなるS社の使い捨て労務管理に我慢ができなくなってきましてね。人にサービスを提供するビジネスで、提供するスタッフが気持ちよく働けないなら、良いサービスの提供なんてできるはずがないんです」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中