2020年 3月 30日 (月)

「ありのまま」の会社員じゃダメですか? アナ雪「レリゴー」現象で新たな悩み

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国内では十数年ぶりに興行収入が200億円を突破するなど、大ヒットとなっているディズニー映画「アナと雪の女王」。2014年3月の公開から3か月以上たっても興行成績ランキングのトップをキープし、7月のDVD発売を機にさらに話題を集めそうだ。

   アナ雪といえば映画のストーリーのみならず、「レリゴー」(『Let It Go』)の楽曲も幅広い層の人気を得ている。日本語吹き替え版で松たか子さんやMay J.さんが歌う『レット・イット・ゴー ~ありのままで~』は、もはや知らない人はいないのではないかというほど、テレビをはじめ、あちこちでよく耳にする。その影響は、勤め人にも出始めているようだ。

メタボで眉毛がボーボー ダメ過ぎる自分が嫌でたまらない

   「ありのまま」という日本語は、観客の心に刺さる何かを孕んでいるのだろうか。この言葉について、Q&Aサイト「OKWave」にこんな質問が寄せられていた(2014年6月11日)。

   日本語版の歌詞の「ありのまま~」という箇所が妙に気になるという質問者は、「当方がありのままの自分でいたとしますと、友人も家族もいなくなりそうな気がしてなりません」という。ありのままの自分は「運動をしなければメタボ、眉毛がボーボー」「見るも無残な外見」「本当は仕事はしたくないし、遊んでいたい」という。「私個人は、ありのままの自分がダメ過ぎて嫌でたまらないです」と断言し、「ありのままの自分が好きですか」と質問している。

   回答へのお礼コメントの中で質問者は、この歌詞を真に受けると「何もやらなくなるんじゃないか」「勘違いしそうで怖くなる」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中