2019年 11月 16日 (土)

ガンプラ、羊羹、コーヒー200杯… 株主総会のおみやげはマストか不要か?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   これまで株主総会の開催日は6月の末に一極集中する傾向があったが、投資家の参加しやすさに配慮して分散化が進んでいるという。それでも今年(2014年)の総会開催のピークは6月27日で、東証に上場している企業の4割弱がこの日に株主総会を催した。

   株主総会は本来、株主に企業の経営状態を報告し運営方針などの重要事項を決議する場だ。しかしその場に参加する「お楽しみ」の1つとして、総会で配られるおみやげに期待する株主も少なくない。今年の総会でおみやげを廃止したソニーや吉野家では、出席者が激減したと報じられており、その影響の大きさはかなりなものだと言える。

ネット上で、もらったおみやげ報告

株主総会が楽しみな理由は…
株主総会が楽しみな理由は…

   実際に、総会ではどんなおみやげが配られるのだろうか。

   Twitter(ツイッター)にあげられた今年のおみやげを見てみると、キャラものを擁するゲーム会社やコンテンツ制作会社のおみやげに特色があるようで、バンダイナムコホールディングスは「バックにガンプラとステッカーが入ってました」、マーベラスは「『幕末Rock』と言うPSPのゲームだった」、東映アニメーションは「セーラームーンのバッグ、プリキュアのレターセットとえんぴつキャップ」などの投稿があった。任天堂はトランプを配るのが定番だったが今年はなくなり「マリオのバスタオル・ロールクッキーピカチュウ」が配布されたという。

   他には「ソフトバンクの株主総会でもらった虎屋の羊羹、美味しかった」、「パナソニック株主総会のお土産 LEDライト」、「ダイオーズの株主総会のお土産が届いた。コーヒー200杯」などの書き込みがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中