2019年 10月 17日 (木)

「クラウドソーシング」が招く「格安」の大波 仕事で生き残る「2つの方法」とは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   私は海外に在住しながら、日本人や外国人相手に仕事をしています。

   本の執筆など、大手出版社の依頼で仕事をすることもありますし、サムライカレープロジェクトのように自分で人を雇用して仕事をすることもあります。

   後者の自分で人を雇って仕事をする際、非常に便利な仕組みがクラウドソーシングです。サムライカレープロジェクトでは、コレがなければ回らないくらい活用しています。

世界各国から応募。スペイン、イギリス、アメリカ、シンガポール…

   クラウドソーシングとは、ネットを通じて世界の様々なところにいる人に仕事の依頼をする仕組みです。

   例えば、サムライカレープロジェクトのこのロゴは「Logo Tournament」という仕組みを使い、スペイン人のデザイナーに作ってもらったものです。

スペイン人デザイナーが作ったロゴ
スペイン人デザイナーが作ったロゴ

   このサイトは、275ドル以上の賞金を設定し「このようなロゴを作って欲しい」という希望を英語で入力すると、世界中のデザイナーがロゴの案を出してくれます。それぞれのロゴに「もうちょっとこういう風にして欲しい」という依頼も可能で、最後に自分が選んだロゴの作成者に、私から賞金が支払われます。

   サムライカレーのロゴを依頼したときには、スペイン、イギリス、アメリカ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、日本、中国など様々な国のデザイナーから150個以上のロゴが上がってきました。

   数十人のデザイナーのコンペをたったの3万円弱でできるのは、事業主からしてみると本当に便利なしくみです。

   また、サムライカレーの日本語のロゴは、ココナラというサイトを使用しました。

   日本語のロゴが欲しかったので、外国人の登録者が多い海外サイトはやめて、日本のサイトを使うことにしたのです。ココナラというサイトは、500円で様々な仕事を頼むことができるお手軽なクラウドソーシング。「筆文字を書きます」という人に、文字数が多かったので1500円を払ったら、この文字を含む4パターンの文字が送られてきました。

日本人デザイナーによる筆文字
日本人デザイナーによる筆文字

   ロゴトーナメントと違って、送られてくるパターンが少ないですし、「もうちょっと修正して」というリクエストも効かないのですが、一発で気に入るものが手には入ったときのコストパフォーマンスは抜群です。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中