2019年 10月 20日 (日)

「ブルーマンデー症候群」が1番多い年代層は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日曜の夕方、テレビで「サザエさん」を見て、「明日から会社か......」と憂鬱になる人たちを、「サザエさん症候群」と呼ぶ。ちょっと古びたニュアンスも漂う、この言葉だが、「ブルーマンデー」とも言われ、会社員の4割超が経験しているとの調査結果もある。憂鬱な「日曜の夜」を乗り切る方法はないものか。

30代、20代は約半数が経験者

あ~あ、休みも終わりかぁ
あ~あ、休みも終わりかぁ

   不動産情報を手がけるオウチーノ(本社・東京)が、土日休みの仕事に就く20~59歳のビジネスパーソン451人に、「あなたは日曜日の夜や月曜日の朝に、休み明けの仕事のことを考えて憂鬱になったり、気分がすぐれなくなったりすることがありますか?」と尋ねたところ、15.7%が「いつもなる」、27.1%が「なることが多い」と、合わせて42.8%が、よく「ブルーマンデー」になると答えた(2014年6月24日公表)。具体的な症状としては、気分が落ち込むという人が目立つが、中には、「急な腹痛で出社を遅らせることが多い」など、身体的な症状を訴える人もいた。

   年代別で見ると、「ブルーマンデー」経験者は、30 代で最も多く51.4%、次いで20 代が48.7%、40代が38.0%、50代は33.9%だった。若手社員の約半数が、日曜の夜を憂鬱な気分で過ごす傾向があるという、やや寂しい結果だ。

   質問サイト、ヤフー知恵袋には、そのものずばり「会社に行きたくない日曜日の夜はどうすればよいですか?」という質問があった(2014年1月26日)。回答者からは、「主さんはサザエさん症候群ですね。月曜から辛い仕事が始まると思うと気が重くなり、仕事に行きたくなくなる、典型的な例です」との『診断』がなされている。

   回答者は、「まぁ主治医の受け売りですが」と前置きした上で、「私から言えることは、会社が終わったあとの楽しみを思い浮かべる。私はよく、これが終わったら楽になれる、と考えて、辛いことを乗り越えます」とのアドバイスが寄せられた。さらに、「あまり追い詰めないでくださいね。考えすぎるとウツ病になる可能性があるので」と、優しい言葉で締めくくられている。確かに、毎週「会社に行きたくない」のは、心や体からの『危険信号』かもしれない。無理は禁物だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中