2019年 10月 19日 (土)

「それ、昨日も教えたよね?」の一言で部下がうつ病に? わたし、訴えられるのでしょうか・・・

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ブラック企業、パワハラ、メンタルヘルス・・・残念なことに職場環境をめぐる話題は尽きません。 近年、職場環境を改善する動きが企業で注目されているとはいえ、環境が改善されている職場はごく少数でしょう。

   今回は職場環境のうちメンタルヘルスに関わる事例をご紹介したいと思います。(一部創作しています)

私の対応が冷たく、業務を教えてもらえない、と同僚に・・・

それって、また同じ質問では・・・
それって、また同じ質問では・・・

――医療関係の仕事をしています。半年前に中途入社してきたRさんの様子がおかしいのです。

   私の会社では、未経験者でも専門用語や業務内容を早期に身につけてもらうため、研修や周囲のサポート体制が充実しています。だいたい3か月前後で、取り扱う言葉や仕事の流れに慣れてくるものです。ところが、Rさんは3か月を過ぎても、「先ほどの件で確認したいことが...」と、業務指示を何度も確認してくることが多かったのです。

   最初は対応していたものの、その後も確認が減ることはなく、むしろ増えていきました。半年以上経っても、毎日同じようなことを聞いてくるので、さすがに

   「それ、昨日も教えたよね?メモしてほしいんだけど」と伝えました。

   その翌日から、Rさんはお昼も食べずに業務に没頭していたり、そうかと思えば業務時間にボーっとしたり、しまいには会社に連続して遅刻するようになりました。

   その後も、作業スピードはあがらず、ミスも多く、とても1人に仕事を任せられない状況です。

   1人前になるために次のステップに進んでほしいのですが、Rさんは私の対応が冷たく、業務を教えてもらえない、と同僚に話していたようで、会社に来るのが辛いし、眠れない日も続いているとのこと。

   また、間接的に話を聞く限り、前職を辞めた理由はうつによる体調不良だそうです。半年前の入社時に、治療がどの段階だったのか、治療は終わっていたのか、などは分かりません。面接では、そうした話は出ませんでした。

   今後、Rさんがうつ病の診断を受けた場合、どうなるのでしょうか。私の対応が原因とされ、損害賠償を支払わなければならないのでしょうか――

岩沙好幸(いわさ・よしゆき)
弁護士(東京弁護士会所属)。慶應義塾大学経済学部卒業後、首都大学東京法科大学院から都内法律事務所を経て、アディーレ法律事務所へ入所。司法修習第63期。パワハラ・不当解雇・残業代未払いなどのいわゆる「労働問題」を主に扱う。動物が好きで、最近フクロウを飼っている。「弁護士 岩沙好幸の白黒つける労働ブログ」を更新中。編著に、労働トラブルを解説した『ブラック企業に倍返しだ! 弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマドットコム)。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中