2019年 10月 20日 (日)

「昇進を避けるため、仕事を手抜きしたい」 大正解か「将来、地獄を見る」のか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   冬のボーナスが支給される時期となった。日頃の成果が反映されるボーナスを前に、仕事にも一段と身が入る・・・人もいるが、思わぬところで悩んでしまう人もいる。今回取り上げるのは、「仕事や給与には満足だが、どうしても昇進したくない」という30歳男性からのお悩みだ。

昇進しても、給料もそんなに大きく上がらないし・・・

ダラダラしたい・・・
ダラダラしたい・・・

   質問サイト、ヤフー知恵袋では、大手医薬品メーカーの営業職(MR)で、入社7年目という男性が、「出世したくない」との悩みを打ち明けていた(2014年9月2日)。男性いわく、「仕事には凄く満足、やめたいと思ったことはない」し、「定年までこの会社で働きたい」。給料も、妻子を養うには十分という。この調子で頑張れば、5年後から10年後には「中間管理職(エリアマネージャー)に昇進できると思います」と、自信も見せる。

   だが、周囲の中間管理職を見ると、土日もほとんど休みがなく、「給料もそんなに大きく上がらないのに責任のある仕事を任される」、「上からは売上げのことを、下から愚痴も言われ辛そう。うつに近い人もいる」などの現状から、中間管理職へのモチベーションが薄れてしまった。同僚には、同じような理由で昇進を避ける人もかなりいるという。彼は、「がむしゃらに仕事をして昇進してしまったら、どうしよう」と考え、「仕事を少し手抜きにしようかなと思っている」らしい。そんなに、中間管理職がイヤなのか。

   回答は、「昇進したほうがいい」「いや、しないほうがいい」と、真っ二つに分かれた。「昇進」派は、「30代なら、同年代に管理職はわずかでしょう。製薬メーカーの給料であれば平均以上はありますし、満足もできる。しかし40代になれば、同年代には管理職があふれます。他社との名刺交換でも引け目を感じるようになります」と、警鐘を鳴らす。

   50代になっても昇進していないと、同世代が「新人教育や人事権、管理の仕方や経営の話で持ち切り」になる一方、自分は「若い世代に混ざり未だプレイヤー論を語るだけ」になる。それでもいいのか?という厳しい意見だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中