2019年 12月 15日 (日)

「『修行半年のすし』は寿司じゃない」は本当か 日本国内の中華料理、イタメシ、カレーから考える

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   先週の「海外で寿司職人やるなら寿司アカデミーで半年修行すればOK!」という話を取り上げたコラムに対し、予想通り「そんなまがいものを寿司と呼ぶな」的な意見が散見されました。

   でも、その寿司をまがいものと呼ぶのなら、皆さんが日本で食べている海外発の料理も結構「まがいもの」率高いですよ。

「まがいもの」であることが悪いとは全く思いません

これは、タイの味千ラーメン。アジアではホントそこらじゅうにあります。
これは、タイの味千ラーメン。アジアではホントそこらじゅうにあります。

   スパゲティの「ナポリタン」がナポリにないのは、まず当たり前ですね。

   「カレーライス」は、インドのカレーとは全く別物です。牛を食べないヒンズー教徒の友人が「インド名物ビーフカレー」という看板をみて悲しそうな目をしていました。

   これくらいあからさまに違うものだけではなく、日本にある多くの料理は現地のオリジナルからアレンジが加えられています。

   タイ料理は辛さが控えめになっていたり、甘さが控えめになっていたり、パクチーが少なくなっていることが多いです。ベトナム料理も同様。

   そして、一番違うのが中華料理。以前「中国の餃子は水餃子がほとんどで、焼き餃子はマイナー。また、餃子は主食なので、餃子でご飯を食べるのは、寿司でご飯を食べるようなもの(だから餃子の王将は中国で流行らなかった)」という記事を書きましたが、それ以外の中華料理も現地のものとは全く味が違います。古くから日本に入ってきたので、思いっきりアレンジが加えられているのです。

   私は、「まがいもの」であることが悪いとは全く思いません。商売の基本は、お客様が喜んでくれる物を提供すること。だから、メインのお客様である日本人の人が喜ぶようにアレンジするのは素晴らしいことなのです。

   元々中華料理であったラーメンは、日本流にアレンジしまくられて、様々な形で派生していき、本場を遙かに上回る種類と質に進化しました。私の複数の中国人の友人も「日本のラーメンは中国のと違うけど、日本のラーメンの方が美味しいです」と言っています。こうやって、お客様のニーズにあわせてアレンジしていくことで、どんどん進化が進んで行くのです。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中