2020年 2月 20日 (木)

ハイヒールの苦しみ、全男性が体験すべし!?  「ぺたんこ靴」が女性に流行するワケ

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   女性の足を美しく見せる、ハイヒール。ところが、脚に負担をかけるハイヒールを無理に履いて、足を痛める女性は、少なくありません。この問題、先日、ネット上で公開された「ある動画」をきっかけに、盛り上がっているようです。

   きっかけは、キュレーションサイト「TABI LABO」が紹介した動画、「男性が1日ハイヒールを履いて、生活してみたら・・・悶絶する結果に」。欧米人の男性が、ハイヒールの「履き心地」を理解するため、1日ハイヒールを履いて生活する様子をYouTubeにアップしたというものです。スニーカーの代わりに、ハイヒールで仕事をこなす彼ですが、途中から、あまりの痛みに、歩きながら「もう死にたい」「ハイヒールは中国にあった『てん足』の現代版だ」とさえ訴えます。それほどまでに、足の痛みは酷そうです。

痛い、ツラすぎる・・・

男性も、ぜひ
男性も、ぜひ

   この動画とニュースは、ライブドアニュース(2015年7月11日)でも紹介され、話題になりました。映像に触発されたツイートのやりとりをまとめたtogetter、「男『女はなんでヒールなんかはくんだ?』女『他に選択肢がないんだよ!』」は、ツイッター上で議論を巻き起こし、10日間が過ぎた時点で、7900件以上も共有されました。それだけ「ハイヒールがツラすぎる問題」は、共感されやすいのでしょう。

   ツイッターを見ると、女性たちが、「ふつうに就職する=毎日ヒールとストッキングで生活するってことだったもんな・・・耐えられるわけがなかった」とか、「妊娠してヒールはいてると『転んだら危ないよ』と注意されますよね。 妊娠してなかったら転んでもいいのでしょうか?」、「これは本当に全男性に体験してほしい。マジで無理だから」など、様々な思いをつぶやいています。

   ある程度のハイヒールを履くことは、女性の「オフィスマナー」とされています。ところが、これが痛い。私も会社員時代、自分の脚に合うハイヒールを求めて、様々な靴を試しましたが、どんなに「歩きやすい」と謳ったパンプスでも、長距離を歩くと、つま先がズキズキしてきます。あまりに痛いので、通勤には3センチのパンプス、会社は7センチヒールと、2足を持ち歩く生活をしていました。この問題について、同僚と深く話す機会は得られないまま、私は退職してしまったのですが・・・今、ここまでネットで話題になっているのを見ると、働く女性たちは、「ハイヒールへの怒り」だけで、どこかしら共感できるのではないか、とすら思います。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中