2019年 12月 7日 (土)

「資生堂ショック」は、本当に「ショック」か? 働く女子に聞いてみた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   11月(2015年)上旬、「資生堂ショック」なる言葉がメディアを賑わせました。女性が長く働き続けられるよう、各種の両立支援制度を整えてきた資生堂が、14年4月から、こうした制度を見直しているというのです。

   具体的には、時短勤務制度を利用している女性社員にも、通常の社員と同じように、「遅番」のシフトや、接客ノルマを課すもの。この「資生堂ショック」、働く女性たちは、どのように受け止めているのでしょうか。

若い人ほど「遅番」シフトに入ることが多い

子育て中です。
子育て中です。

   学生時代、知人男性の彼女(Nさん、23歳)が「美容部員をしている」というので、色々と聞いてみたことがあります。Nさんは、短大を卒業後、関西の百貨店で美容部員をしていました。Nさんと付き合っている男子は、「彼女は土日が基本的にほとんど休みじゃないから、なかなか会えない」と、こぼしていました。各社、状況は少しずつ異なるのですが、開店からの「早番」と、閉店までの「遅番」があるのは、だいたい共通しています。そして、Nさんの職場では、若い人ほど、土日や「遅番」勤務をこなすことが多いようでした。過酷な労働環境に疲れてしまった若手は、20代後半で結婚・出産し、退職・・・というケースも、少なくないようです。

   資生堂は、こうした、現場で働く女性たちの待遇を、どんどん改善させてきた歴史があります。同社のホームページをみると、なんと1990年から、「子どもが満3歳になるまで、第2子を産んだ場合は、通算5年まで取得できる育児休業制度」を導入。以来、妊娠から職場復帰の流れを上司と確認し合えるコミュニケーション体制(チャイルドケアプラン)や、男性の育休取得促進など、毎年のように制度を充実させており、男女がともに働きやすい会社という点では、文句がないように思えます。

   NHKニュースおはよう日本(「『資生堂ショック』改革のねらいとは」2015年11月9日)によると、2007年からは、美容部員たちにも積極的に、時短勤務制度の利用を進めてきたそう。ところが、現場では、時短社員と、子どもを育てていない社員の間で「不公平感」が生まれ、かき入れ時の夕方に、美容部員が足りないというジレンマも起こりました。そこで、時短の人にも、できる限りノルマや土日勤務、遅番をこなしてもらおうというのが、今回の「資生堂ショック」なのですが・・・。筆者が、働くアラサー女性の知人たちに聞いてみたところ、「資生堂ショックなんて、ショックでもなんでもない」という声が、多数派だったのです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)
北条 かや

講談社 2015-05-26
売り上げランキング : 37531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中