2019年 10月 18日 (金)

25日仕事納めが「羨ましすぎる」 「28日」派が感じる雲泥の差

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いよいよ師走。仕事納めが近付いてきて、年末年始の予定に心を躍らせているビジネスパーソンも多いだろう。

   そんな「仕事納め」、今年(2015年)は、微妙なタイミングに土日が入ることもあり、会社によって日にちがまちまちのようだ。ネット上では、早い仕事納めをうらやむ声や、「仕事納めなんかないよ・・・」という何とも辛い声も上がっている。

早ければうれしいってわけでもない!?

あなたの仕事納めは?
あなたの仕事納めは?

   「行政機関の休日に関する法律」では、12月29日から翌年1月3日までを休日と定めているため、行政機関では仕事納めが12月28日、仕事始めが1月4日となる(28日が土日と重なる場合はその前の平日が仕事納め、4日が土日と重なる場合はその次の平日が仕事始め)。

   これに準じる一般企業が多いため、15年は12月28日(月)が仕事納めという人が多いよう。ツイッターでは、「仕事納めは28日!」「今年の仕事納めは28日」などと報告が相次いでいるが、「土日挟んで、月曜だけ仕事行くってなんかやだ」という気持ちもあるらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中