2019年 11月 23日 (土)

「融通の利かない」就活生 採用担当「あ然」の行動様式

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今日のテーマは「融通」です。

   就活では学生の想像以上に企業側は融通を利かせてくれます。 説明会で満席表示が出ていても、電話をかけるダメ元学生がどうにかなることは以前の回でお伝えしました。

   選考についても同様です。もし、企業側の提示した日程に学生が合わない場合、それを伝えれば多くの企業は学生の都合に合わせて再提示をします。

最優先課題は優秀な人材を獲得すること

「直通」がなければ、ないで・・・
「直通」がなければ、ないで・・・

   学生からすれば、

「わざわざ企業が提示した日程を学生が断るなんて、相手の面子もあるだろうから無理」

と考えてしまうようです。

   それが可能となるのは単に企業側・採用担当者が親切、というだけではありません。企業からすれば、最優先課題は自社にとって優秀な人材を獲得することです。そのために日程変更が必要なら、いくらでも変更します。面子がどうこう、などと考える社会人はまずいません。

   これは内定後も同様です。

   もし、内定学生が不安に思うようであれば、先輩社員に会う機会をセッティングします。採用担当者からすれば、学生には納得づくで入社して頑張ってもらいたいからです。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中