2019年 12月 15日 (日)

「ふだんは善人」が犯す悪事 その時、「心の中」で起きているコト
【企業不正に手を染める~】

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   悪いと知りながら不正をするには、それなりの理由がある。では、いきなり問題。次の3人が異口同音に口にした理由は何か?

   ケース1:JR山手線外回り電車の運転士が、列車を運転しながら私物のスマートフォンでゲーム攻略サイトを見ていたのを乗客に見とがめられ、乗務から外された。

   ケース2:大阪の私鉄に勤務する運転士が、乗務中に乗客から直接受け取った運賃計3000円を着服したとして、懲戒解雇された。

   ケース3:警視庁の巡査長が、CDショップで女子高生のスカート内を盗撮したとして、現行犯逮捕された。

   正解は・・・

相手に情状酌量を求めるために・・・

魔が差した・・・
魔が差した・・・

   「魔が差した」である。

   何とも便利な言い訳だ。広辞苑によると、魔が差すとは「悪魔が心に入りこんだように、ふとふだんでは考えられないような悪念を起す」ことである。一方、「笑える辞典シリーズ(国語辞典)」は、「悪事を働いた者が『私は通常は善人であるが、そのときだけ悪魔にそそのかされて悪人になってしまった』と、まるでその犯行は自分の責任ではないかのように、相手に情状酌量を求めるために用いる」などと手厳しく皮肉っている。 言い得て妙ではないか。

   「私は通常は善人であるが・・・」という言い訳は、前回のコラムに書いた性善説の考え方に通じるといえるだろう。しかし、だからと言って「自分の責任ではない」と言い逃れられないのは当然で、性善説に名を借りた後付けの自己正当化に過ぎない(ちなみに「不正のトライアングル」における正当化は、不正実行前の理由づけであるという点で、後付けの言い訳とは異なる)。

   上に挙げた3人は、確かにふだんは善人だったのかもしれない。しかし、運転中にスマホを手にしたとき、乗客から手渡された運賃をポケットに入れたとき、そして、女子高生に背後から近づいたときに、「自分はこれから、やってはいけないことをやるんだ」という自覚を多かれ少なかれ持っていたはずだ。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中