2019年 12月 6日 (金)

ロート製薬「副業OK」の波紋 「個人の実力が問われる時代になる」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   先日、ロート製薬(本社・大阪)が、他社やNPOなどで働ける「副業制度」を導入したことが話題になった。各社の報道によれば、制度は「勤続3年以上の国内正社員」が対象。本業に差し障りない範囲で、人事部が認めた副業を許可するという。

   今やネットを使えば、アフィリエイトやフリマでの収入、果ては『ライター』や『◯◯アドバイザー』や『コンサルタント』など、自由に仕事を創造できる時代。ビジネスパーソンらは、ロート製薬の取り組みをどう評価するのか?

「大手でも安定ってわけじゃないんだな」

副業、始めるかな
副業、始めるかな

   ロート製薬の「副業」許可制度には、

   「ああいう大手企業が副業OKと明記する影響力って大きいと思うので、こういう流れが一般的になると良いなと思っています。すごーい!」と、賞賛するツイートもあるが、慎重な見方も。

   「ロート製薬みたいな大手でも、副業を解禁し始めた。大手でも安定ではないことが、本格的に露呈され始めてきたのだろう。個人で稼ぐ力を持っていないと、これからの社会では通用しなくなる」とか、「どんどんこういう会社が増えてくだろうな。今までの安定が安定ではなくなってくる」など、大企業でも安泰ではなく、『個人の実力が問われる時代になる!』と、予測するつぶやきも結構あった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中