2019年 9月 15日 (日)

営業めぐる「学生VS経験者」 ココまで違う仕事の印象

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ノルマの厳しさや他の会社などに飛び込む難しさなど、営業職には「大変そう」というイメージがついて回っている。

   特にこれから社会人になる学生には、そのイメージがかなり強いようだ。このほど、大学生の約9割が「営業職をやりたくない」と考えているという調査結果が明らかになった。

「ノルマが嫌」「コミュニケーションに不安」

大変そうなイメージが・・・
大変そうなイメージが・・・

   マイナビ学生の窓口は、大学生の男女399人を対象に「営業のお仕事をやってみたいか」を調査した(2016年3月20日、結果公表)。

   「営業をやりたい」と答えた学生はわずか11.6%で、「やりたくない」の88.3%を大きく下回った。

   「やりたくない」理由は、やはり「ノルマが嫌」のほか、「コミュニケーションが苦手なので自信がない」というものが挙がっている。

   「やりたい」理由には「いろいろな人と会える」「成果が目に見えてわかる」などが挙がっている(調査は16年3月9日~15日にかけて実施)。

   9割近くの大学生が「営業をやりたくない」と考えているという結果だったが、ツイッターでは

「確かにノルマがキツイと言うのはある。それに体育のアイデアが付きまとうって事なんだろう。それと評価が案外低いってのも言えると思う」
「接客の(方)がマシなレベル。営業だけは絶対にやりたくない」

など、理解を示す声が書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中