2019年 6月 19日 (水)

離職者続出にはわけがあった 見落としがちな人間関係の機微を知る

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「七五三現象」という言葉をご存じでしょうか。

   世の企業に勇んで就職した新入社員も、3年後には中卒の約7割、高卒の約5割、大卒の約3割が退職してしまうという実証データを言い表したものです。皆が皆、嫌になって辞めるわけではないかもしれませんが、それでも中卒の7割、高卒の5割という転職率の高さには驚かされるところであります。

離職を防ぐ方法は3つ

社長が社員にストレスを与えていないか
社長が社員にストレスを与えていないか

   先般、社長歴50年の大ベテラン経営者から、いかにして社員を会社につなぎとめるか、その要諦について話をうかがいました。その方は、離職率の高さに悩む商工会後輩の若手社長から相談を受けた際、こんなアドバイスを授けたのだそうです。

「自分の経験から言えば、我々中小企業が社員の離職を防ぐ方法は3つに絞られる、と話してあげたのだよ。やりがいのある仕事、円滑な職場環境、満足のいく待遇、この3つだとね。もちろん大企業じゃないから、3つすべてを満たすのは難しい。まずは最低1つを満たすことが大切。もし3つすべてがダメなら、すぐにでもどれかを改善しないと離職に歯止めがからないとね」

   なるほど、仕事にやりがいがあれば多少のことは我慢ができる、一番はこれかもしれません。どんなにキツい仕事でも、その会社がブラックと呼ばれるか、あるいは働きがいのある職場と見られるかは、すべてこの点にかかっているというのが現実です。

   たとえ仕事にやりがいが乏しくても、人間関係が良好であったり、待遇面がよければ、なんとか我慢がきくかもしれない。それもまた真理です。

   さすが大ベテラン、的を射たお話であると感心しました。

   ある人事コンサルティング企業が企業勤務者500人を対象として実施したアンケート調査に、「過去に会社を辞めたいと考えた時に、辞めずに思いとどまった理由は何ですか?」という質問がありました。それに対する上位回答は、

   周囲との関係性を重視して―30%

   仕事内容が面白かったから ―13%

   給与に納得がいったから―10%

の3つでした。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中