2019年 6月 25日 (火)

会社の危ない兆候はここにも出る おろそかにできぬ基本中の基本

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   新卒社員が入社して早くも3か月。無我夢中の日々が過ぎて、ようやく自分の居場所が決まり、ホッと一息ついている人も多いのではないだろうか。

   多くの会社では、新卒社員の社会人生活はマナー研修から始まり、その中で、元気な挨拶をすることの大切さを叩き込まれる。しかし、いざ配属先に行って「おはようございます!」と元気よく挨拶すると、先輩や上司からの反応はなく、無言でパソコンに向かっていたという悲しい経験をしたフレッシュマンもいるのではないだろうか。そして、そんな職場で1週間、1か月と過ごすうちに、元気だった新卒社員もどんよりとした雰囲気に染まっていく。

入っただけで分かる指標

   さて、ここで問題を1つ。

風通しは良好か
風通しは良好か
「社員の挨拶は、企業の信用状態を見極めるための重要なポイントになる」

   ○か×か。

   答えは、ある経済誌の特集記事「挨拶定着へ、鉄壁の指南書」の冒頭に書かれている。

「東京商工リサーチの友田信男情報本部長は『危ない会社を見分けるポイントとして、幹部社員の退職などと並んで、従業員の挨拶ができているかを必ずチェックする。挨拶の有無は会社に入っただけで分かる重要な指標だ』と話す。挨拶で社員同士のコミュニケーションがよいか、社内の規律が整っているかまで推測できるという」(「日経トップリーダー」2016年7月号 )

   この一節を読んで、なるほどと思った。東京商工リサーチや帝国データバンクが、社員の挨拶の良し悪しをどのようにスコアリングに組み込んでいるのかは分からないが、挨拶が組織の活力を推し量る重要な定性的要素であるという点には大いに共感をおぼえる。

   筆者自身も、コンプライアンス研修等で企業を訪問する際には、そのような第一印象を重視している。上記の記事を読んで、不祥事の再発防止の打ち合せである企業を訪問したときのことを思い出した。受付に立っても社員の方たちは誰も声を掛けてくれず、こちらから「すみません」と切り出すまで何の反応もなかった。わずか数秒ではあったが、その時の違和感は今でも覚えている。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中