2020年 10月 29日 (木)

小6の子に留守番させられない? ドタ欠勤の同僚に愚痴の一つも

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

「子供を何歳から留守番させるか」は、しばしば議論になるテーマの一つだ。中学校に上がるまではさせられないと考える人から、しつけが十分であれば未就学児でもOK、という人まで様々な意見がある。

   そんな子供の留守番をめぐり、小学6年生と4年生の子を家に置いたままにできない同僚への愚痴が、ネット上に寄せられている。この年齢の子供に留守番をさせるのは、よほど非常識か。

  • 一人ひとり個性も発育度も異なるから
    一人ひとり個性も発育度も異なるから
  • 一人ひとり個性も発育度も異なるから

1日くらい何とかならんか

   相談が書き込まれたのは、Q&Aサイト「発言小町」だ(2016年7月23日)。

   投稿者のパート職場の同僚Aさんは、小6と小4の子持ち。ある日、「実母が子供の面倒を見てくれると言ったが、都合が悪くなってしまった。子供の面倒を見る人がいないから休みます」と、急に仕事を休んだ。投稿者は「忙しい日だったので、一人減った分きつかったです」と内心、不満がくすぶる。

   もともとAさんは「何かあったら大変、昼食の準備がある、さみしがる」などの理由で、子供が長期休暇に入ると平日ずっと休み、週末1日だけ出勤という働き方をしている。

   上司は許可しているが、ロッカー室で「急に子どもの予定入っちゃった。体調不良とうそついて休もうかな」「早退して、家のエアコンつけてお菓子の準備もして子供を出迎えなきゃいけないから忙しい」などと漏らすこともあり、周囲にはイライラが募っているようだ。

   自身も中学生、小学生の子がいるという投稿者。

   「そんなに留守番させるってだめなんですか? 体調不良の時や、長期休みも普段通り出勤してほしいとかいうわけではありません。たまたま平日出る予定だった日、1日くらいなら何とかしてほしいのです」

と鬱積した思いを吐き出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中