2019年 10月 18日 (金)

「叱れない上司」なぜ生まれた ゆとりに帰せられないその理由

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   急成長を続けるIT関連ベンチャー企業C社の若手経営者Y氏から、「叱り方を知らないうちの若い管理者たちに、どうやってそれを教えたらいいのでしょうか」という相談を受けました。

   聞けば、業績および組織が拡大を続けるC社も、「具体的スケジュールで上場を視野に入れるためには、管理者が管理者の役割を果たしていない今の内部管理体制はあまりに脆く、管理者育成が最重要課題」と、監査法人から指導をされているのだと。

指導できない、指示できない

叱るのも「技術」のうちか
叱るのも「技術」のうちか

   この相談を聞いた私は、反射的に「きつく叱りすぎる若い管理者が多く、パワハラまがいの指導が横行している状態ではないか」と想像したのですが、社長の話を聞いてみると、どうもそればかりでないようでした。

   「一部にいる、感情的に部下を怒鳴りつける管理者も困ったものなのですが、それ以上に厄介なのが、大半の管理者が一切叱れないという事実なのです。端的に言うと、指導できない、指示できない。ひどいケースになると、管理者が仕事を担当者に振れず、自分の仕事ばかり増やして首が回らなくなってしまっているのです」

   なるほど「叱れない上司」というのは、ゆとり世代として育ったおっとり型の若者にありがちな傾向なのかもしれません。ただ、「叱れない上司」が必ずしもゆとり教育のせいばかりではないという教育学の大学教授の話も、少し前に読んだことがありました。なぜ叱れないのか。その内容をかいつまんで言うとこんな話でした。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中