2020年 10月 20日 (火)

「金価格はV字回復後も上昇」 世界局面を読めば当然...

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   今も記憶に残る2009年。前年にリーマンショックが起きると、アメリカをはじめとする世界的な金融緩和によって莫大なマネーが金市場に注ぎ込まれ、2011年、中東情勢が不安定化した「アラブの春」や欧州の「ソブリンリスク」をフォローの風に、9月に金価格は史上最高値の1オンス1923ドルに到達。

市場は「先食い」で動く

   2012年も金価格は高水準を維持した。ところが2013年、金は大きく売られ、1年で26%もの下げを記録した。5月、アメリカがそれまで続けていた空前の規模の量的緩和策を終了しようと米当局が言い始めたからだ。

   実際に終了したのは2014 年11月だったが、「やめようか」と口にしただけで大きく下げた。金市場は、先食いによって動く。その後も金価格は下落し、直近の安値は2015年12月3日の1045ドル。原因は、同月16日に発表されたアメリカの利上げだ。ここでも発表に先行して金は下げた。

   ところが今年2016年に入ると金価格は上昇、年初来高値を次々と更新した。

   5月には1300ドル台、わずか5か月で250ドルものV字回復を果たした。さらに6月、英国の国民投票の結果は「EU離脱」だった。ここでもあっさりと5月の高値を抜いた。

   アメリカが描く追加利上げのシナリオは、保有していても利息を生まない金価格にはネガティブだ。しかし、中国の海洋進出やIS、北朝鮮の動きなど地政学的リスクは山ほどある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中