2019年 10月 19日 (土)

私に投資「痩せる注射」60万円 腹部に効かず何と高き勉強代!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   読者の皆さん、お久しぶりです。2015年度まで本欄で、さまざまな職業の女性たちに取材する「メガネライターは見た!」なる連載をしていた、北条かやです。今回からは心機一転、「働く女とおカネ」について、あれこれ考察していきたいと思います。タイトルはずばり「北条かやの女子マネー考現学」。どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

  • 「腕」では勝ったが「腹」では一敗地にまみれ
    「腕」では勝ったが「腹」では一敗地にまみれ

欲望叶える世界に引きずり込まれ

   ライターとしてある程度、独り立ちできるようになった私が、最も多くのおカネを使ったのは美容整形かもしれない。拙著『整形した女は幸せになっているのか』で美容整形業界を取材して以来、すっかりハマってしまった。

   美容整形は奥が深い。次から次へと医療の最新技術が応用され、女性たち(最近では男性も増えている)の「美しくなりたい」欲望を叶えていく。ドクターも、整形で綺麗になった女性たちも皆、きらびやかに演出されており、取材しているうちに「私もやってみたい」と思うようになった。その世界の魅力に引きずり込まれたというべきか、巨大な美容整形産業を前に、ドン・キホーテのごとく戦いを挑んだというべきか。

   私は、ここ2年ほど業界で一世を風靡している「痩せる注射(BNLS)」に大枚をはたいた。美容整形産業に戦いを挑むには、カネがいるのである。BNLS注射は韓国で開発された新技術で、天然成分の効果によって「部分痩せ」を可能にするという。術後の腫れなどダウンタイムがほとんどなく、効果が最短3日ほどで現れる。

   2015年冬以降、私は何度か大手美容外科のカウンセリングを受け、太さが気になる二の腕や腹部に「夢の痩せる注射」を打った。費用は二の腕、腹部がそれぞれ約30万円、合計60万円なり。1冊の本の印税が、ほとんど飛んでいった計算になる。「何をバカなことを」とお叱りの声もあるだろうが、これといった趣味もなく彼氏もいない私は、他にお金を使うところがない。ライターとしていつかネタになるかもしれぬという下心もあり、美容整形に投資しようと考えたのである。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中